プロミス増額

プロミス増額と返済について

プロミスの増額は会員サービスの中に限度額変更申し込みがありますのでその場所から行うことになります。

 

会員サービスは非常にさまざまなことができる場所です。
銀行や消費者金融などお金の借り入れ先としてはたくさんあるものの、利用者の目線に立った会員サービスができている場所などそう多くはありません。
利用明細も詳しいことが看ることができず、できるとすれば残高照会程度、というのは珍しいことではないわけです。

 

それではプロミスの会員サービスにはどんなものがあるか見てみましょう。
・振込キャッシング
・ポイントサービス
・限度額変更申し込み
・インターネット返済
・口座振替
・ご返済日お知らせメール
・取引履歴照会
・利息照会
・各種設定変更

 

さて、使いこなしていきたい会員サービスではありますが便利なものばかりとなっています。
今すぐ借り入れをしたい、というときには振込キャッシングが便利になります。
三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を登録していれば24時間いつでもわずか10秒で振込キャッシングを受けることができます。
またインターネット返済も便利です。
パソコンや携帯電話やスマホ。
どこからでもネットバンキングを通じて返済をすることができます。
そんな便利な中でもぜひ頻繁にでも見てもらいたいのは利息照会。
現在から返済期日までの利息を見ることができます。
早めの完済、これがプロミスの返済にどれほどに重要なことなのかわかりやすいものです。

キャッシングの増枠審査

キャッシングを新規で申し込み利用するには必ずプロミス審査などがありますが、利用限度額の増枠をする際にも再度審査が行われます。この審査に通らなければ、増枠することはできません。キャッシングの増枠審査ではどんなことを調べるのでしょうか?新規申込の際の審査とはやはり違うのでしょうか?

 

まず新規申込の際と違う点として、自身の利用履歴があります。そのキャッシング会社を自分がどのように利用しているかの履歴・実績です。そのキャッシング会社で申し込みはしたもののまったく利用していないという人は何にも実績になりません。利用を続けて、順調に返済実績を積んでいること、これが審査で見られます。期間としては会社によって基準の違いがありますが、一般的には6ヶ月から1年程度の利用履歴が必要といわれています。

 

また、他社借り入れ件数も増枠審査において重要なポイントとなります。その会社で契約をしている間に他社からお金を借りてしまうと、審査に通ることが難しくなってきます。先に挙げた順調な利用履歴がもしあったとしても、他社借り入れをしてしまうことによって審査は通らなくなってしまうでしょう。ここで注意したいのは、キャッシングだけでなくクレジットカードでも同様に影響が出るだろうということです。クレジットカードにはキャッシング枠がありますからね。必要がないものはこれを機に解約してみるのもいいかもしれません。

 

他に収入などで自身の属性情報に変更があれば必ず連絡をしておきましょう。変更があったのに連絡をしないでおくと、だまっていたというふうにみなされて信用性に問題があると判断される可能性があります。転職して勤め先が変わった、収入が変わったなどあれば増枠の申し込みの際に通知しておきましょう。

プロミスの取引履歴は会員サービスで確認

実はそうそうないのが会員サービスの充実。
消費者金融がインターネット申し込みや振込キャッシングを始めているとはいっても実情としては特化しているとは言い難いもの。
しかしプロミスは違います。
会員サービスは非常に充実しておりその中身を見ただけでもほか消費者金融 口コミとは違うのだということがお分かりいただけるでしょう。

 

さまざまなサービスが利用することができますが注目するべきは取引履歴の照会。
これは通常の消費者金融であれば取引履歴を確認するためには明細書を自宅あてに郵送をするしかないということも珍しいものではありません。
プロミスは会員サービスの「取引履歴照会」を開くだけで過去の取引の履歴を借り入れも返済も確認することができます。
いつどのような取引をして、その時の返済額や借入額がどのくらいだったのか、それに対しての利息はどのくらいだったのかを見ることができます。

 

取引履歴を確認するのは自分の債務情報を確認することにつながります。
契約をするときにはいつまでに返済をしていきたいなど考えていたでしょう。
月々の返済額は最低返済額以上のものにしようと考えていたでしょう。
取引履歴を確認してみてください。
計画通りに返済をしてきたでしょうか。
借入が多くなりすぎてはいないでしょうか。
利息は考えている範囲内だったでしょうか。

 

これからのキャッシング計画を見直すためにも取引履歴はことあるごとにチェックしておきましょう。
そのためにプロミスの会員サービスはまた充実しているものです。

プロミスのおまとめ審査基準はかなり厳しい

おまとめの審査は通常のプロミスキャッシングよりも審査基準は厳しくなります。
それは借金をまとめることになりますので借り入れ金額も大きくなりリスクを回避するためにも審査は厳しく行わなくてはならないというのがプロミスの理由になるでしょう。

 

審査では最も重要視されるのは返済能力があるかどうかになります。
もちろんそれも通常のキャッシングよりも入念に調べることになりますが返済能力だけではなく、返済は確実なのかということも調べることになります。
金額が金額なだけにいつ債務整理という判断をしてもおかしくはないでしょう。
返済が困窮したばかりに返済の遅延という履歴を作ってはいませんか?
他社からの借り入れ件数が多いこと、借り入れ金額が多いことはおまとめという商品になりますので重要視されることではありません。
返済を確実に行ってきたという履歴が後押しをします。

 

返済が遅れたことがあるかどうか知られるはずはないと思いますか?
実はこれは簡単に知ることができます。
個人信用情報機関です。
内閣総理大臣が指定している信用情報機関が日本には2か所あります。
そこには債務の履歴のすべてが管理されており記録として残っています。
申し込みをした金融業者、借入残高や返済回数、遅延の情報や債務整理などの情報、それこそ債務に関するすべてを管理しています。
遅延の情報、それはおまとめだけではなくすべてのお金を借りるための審査にとって大きなマイナスとなります。